老人マンション | セカンドテラス

老人マンション情報の「セカンドテラス」

老人マンションロゴ

相互リンク募集      老人マンションの掲載      老人マンション
セカンドテラスは老人マンションの情報を中心にした介護情報サイトです。

老人マンションとは賃貸物件の中で高齢者の優遇措置(高齢者円滑入居賃貸物件・高齢者専用賃貸物件・高齢者向け優良賃貸物件など)を設けている物件のことです。 老人マンションはバリアフリー仕様で、安否や緊急時対応などのサービスを提供する高齢者用マンションです。

入居要件として、身の回りの事が出来、自立した生活を送りたいがサポートや安心・安全といった要望に合わせた施設です。
入居中に介護のご状態が重度になった場合や認知症の症状の中でも徘徊などがある場合には退去しなければならない施設がほとんんどです。


老人マンションの設備

首都圏ではなかなか広さの問題などがあり、設備や施設面で特色のある老人マンションを探すことは難しいかもしれませんが、少し都心を離れるとさまさまな魅力ある施設がある老人マンションがあります。例えば、ある高齢者マンションでは畑を併設しており入居者は自由に利用することができます。

介護老人福祉施設とは

要介護者に対し、入浴や排泄、食事といった介護をはじめ 生活していく上で、必要な介助、健康管理を行い 介護福祉施設として介護サービスを提供します。比較的大型の福祉施設ではマンションのような外観で設備面での力を入れている福祉施設もあるようです。

介護する側にも資格が必要

福祉施設では、配置しなければならない職種のうち 施設長や医師、生活相談員、栄養士、看護職員などに ついては、定められた資格を持つものがスタッフとして 配置されなければなりません。

福祉用具購入支給限度基準額とは

介護保険を利用した場合、特定福祉用具に関する購入費として認められる限度額のこと。年間で10万まで利用でき、1割が自己負担となりますので有効活用しましょう。

老人性難聴とは

歳を重ねることで、起こりやすい難聴のことです。高い広域から聞こえにくくなる。

介護報酬とは

高齢になると、なにもない所で転んだりすることが多くなるようです。そうしたちょっとした事故で、腕を骨折したりして、食事に支障がでたりすることもあります。 そうした場合に、介護サービスが利用できれば自宅へ介護をしてくれる人を呼んだりすることが可能です。介護サービスでの料金は、介護報酬として介護サービス事業者へ支払われますので、全体の1割を利用者が、残りの9割は市町村からサービス提供者に支払われます。高齢者円滑入居賃貸物件などの老人マンションでも介護認定されれば介護サービスをうまく利用することができるでしょう。




老人マンションにかかる費用は?
老人マンションを提供している事業者によってまちまちですが、入居時に複数年分の賃料を支払うシステムであったり、通常の賃貸と変わらず毎月賃料を支払うシステムであったりします。

入居一時金について
入居一時金とは、老人ホームに入居する際に発生する一括費用です。世田谷などの超高級老人ホームでは1億以上の入居一時金が必要になるホテルのような有料老人ホームもあります。

老人マンション探し
あたなにあった老人ホームやお近くの老人マンションを探してみしましょう。満足いく老後の生活を送るためにひとつの選択肢として考えているかたも多いようです。

老人マンションまめ知識
賃貸の高齢者住宅も少しずつですが、出てきています。高齢者向けに作られていますので、緊急時の通報ボタンや安否を確認するセンサーなどが備わっている施設もあるようです。また食事などのサービスを実施している高齢者住宅もあります。

copywright (c) 2009 老人マンションのことならセカンドテラス」 All Right Reserved.
老人ホーム案内.com